琵琶湖

a0154280_16151476.jpg

昨日は丸一日
下野プロ DATE さんとのんびり琵琶湖に浮いた。

下野プロに聴きたい事は山積みだった。
先ずは釣り業界内でのプロとスポンサーメーカーとの契約の内容など…
テレビ番組も幾つもあり専門雑誌 、新聞…当然 子供からお年寄りまでビリヤード に比べるとはるかに人口も多い。
下野プロ曰く、それでもゴルフや野球とは比にならなく、それだけで食べていけてるプロは数えるしかいないという話だ。
「プロとして食えてる奴の殆どは最初から家が金持ってる奴らで普通の家だったんはホンマにワシともう一人か二人ぐらいや」と下野プロは言う。
トップに位置付くメジャースポーツ以外は殆どがこのシステムだ。

苦労してきた人間は自ら手にした金を容易に次にばら撒くが最初から金を持ってる人間は手にした金をそうそう手放す事はない。(笑)

商品ロイヤリティはワームが一袋
売れて数十円の世界らしい。
それも商品の提案からテスト全てをやっての金額だ。
下野プロ曰く
「それで充分ええんや、儲けさせときゃ自分が不調の時にでも応援してくれるねん。」

下野プロは周りに関係なく未だ我が道 王道を歩んでいる。
尊敬? 凄い? 天才?
どの言葉もどんな言葉も当てはまらない。
ある域に達した男…あえて言うなら
「かっこいい!」
かな?
ビリヤード プロでこんな伝説の男になるのは誰なんだろうか?


最後に下野プロはこう括った。

「世界中にはわしがまだ釣った事が無い魚が仰山おんのが悔しいねん。家なんか買わんかったらその金でどんだけ魚釣りに行けたやろ~ホンマに悔しいわ~まだ死なれへん」

皆で笑った。


DATEさん楽しく勉強になった一日でした。
有難うございました。m(_ _)m


a0154280_16185714.jpg


DATEさんの釣り上げた本日最大魚
a0154280_16203631.jpg

58センチ

by lepoissonangel | 2012-06-15 16:12