キレ斬れ

キレ斬れ!!
a0154280_14482051.jpg

a0154280_14482183.jpg



現在TIPに使用されている革は主に『豚』 『牛』 『水牛』 この3種ですが、性質はそれぞれ全く異なり豚以外の『牛』『水牛』に限っては革に個体差もあります。
その点豚革は繊維質が均一で商品を作る上では安定性がありトップメーカーの殆どが豚革を使用していますね。
それではどうして牛革や水牛革は安定した革が手に入らないのか?
これは脂肪や革質が環境に左右され易いという事に加え運動量や補給水分量も大きくそれに影響する事がその原因の一つと考えられます。
畜産は革を育てているのではなくその肉を育てている為その良し悪しは上がってみないと分からないという事になります。
柚子で言えば果汁を搾った後の皮と言ったところでしょうか?

さて本題に入りますが、
ではどうしてそれでも牛革に拘るプレイヤーが多いかと言うと、豚革は安定性に優れているもののそのデメリットも多々あります。
乾燥した試合会場で凄い回数のミスキューを見た事がありますが、その殆どは豚革のTIPだと撞いてる音を聞き認識しました。
この問題は今からお話する「先球のスピン量の差」と大きな関係があります。
牛革の良さは先球にスピンをかける事が楽だという事なのですが、それはどう言う意味か分かりますか?
摩擦係数と反発力と弾力の比率により起こる現象なのです。
凄く引けるといわれる豚革の積層TIPを弊社でも製作していますが、スローモーションで見ると引けてるというよりは先球に当たった衝撃を手球が受け易く押し戻されている様に見えました。
逆に牛革は先球に当たった瞬間一度ストップした状態からスピンがかかりはじめる様に見えます。
加えて、レール際の手球の上の撞点は誰もが少し「嫌だな…滑りそうだな」と考えると思いますが、牛革のTIPを使用している方たちは意外に問題なく熟しているように見えるのは偶然なのかなとずっと思っていましたが、『摩擦係数と反発力と弾力』これが大きく関係している事に最近やっと確信が持てるようになりました。
豚革が悪いと言っている訳ではありません。
豚も牛もメリットデメリットがあるという事で、
豚革のスピンは「キレ」
牛革のスピンは「斬れ」

豚革のどの硬度のTIPを使用してみようとかな…牛革のどの硬度のTIPを使用してみようかな…と自らが求める様々な場面を想定して色んなTIPを試してみて頂ければと思います。

自分に合うTIPって中々見つからないですもんね。
想像が具体的になるとチョイスも楽になるかな?

a0154280_14482228.jpg

a0154280_14482220.jpg

a0154280_14482391.jpg

a0154280_14482480.jpg

a0154280_14482491.jpg

a0154280_14482535.jpg



REI TIP&MAX Co.
鈴木亮太郎

by lepoissonangel | 2015-02-21 14:43